javaエンジニアが不足している

かつてjavaは、徐々に衰退するであろうと予想されていました。しかし、その汎用性の高さやコスト面での安さが利点となって、なお業界では脚光を浴び続けています。使われなくなると予想されていたためか、javaエンジニアの不足がかなり深刻なものとなっており、関連業界での求人数が劇的に増えてきている状況です。
とりわけソーシャルアプリ開発の分野での求人数が多くなっており、javaエンジニアにとっては好ましい状態が続いていると言えるでしょう。中には人手不足と相まって、キャリアもスキルも浅くてかまわないという求人すら見られるほどです。もちろん、キャリアやスキルを構築しているエンジニアこそが業界に求められている人材であり、即戦力が強く求められる傾向にもあることは事実です。特に人気のある業種や業界に求人が集まりやすく、一方で知名度の低いベンチャー企業などはエンジニアを集めることが難しくなっているという状況があります。そのため、転職活動をする際に特に大手中小のこだわりがないのであれば、こうした無名の企業の門をたたいてみても良いかもしれません。もちろん、その企業の安定性や業務体系などもしっかりと吟味する必要はありますが、各方面で売り手市場であることには間違いがありません。
javaエンジニアとして働くためには、自分自身のスキルやキャリアをしっかりと鑑み、それと照らし合わせて職場を見つける必要があるでしょう。

Leave a Reply