必要な知識と能力

さまざまな企業から個人営業の店舗まで、インターネット上に情報サイトを公開したりネット通販の運営などを始めています。その開発にはエンジニアが必要とされ、各種開発環境の中でもjavaが大きな割合を占めています。
しかし、javaエンジニアは不足している傾向にあります。正確には、人数の不足ではなく能力の不足と言えるかも知れません。ネット通販など双方向に情報のやり取りをするウェブサイトでは、javaというプログラミング言語が扱えるだけでなく、画面の遷移やショッピングカートの内容を保持・金額計算をするといった機能を効率よく実装するためのフレームワークと呼ばれるプログラムのセット・顧客情報を保存・更新などするためのデータベースなど、javaから繋がる各種ソフトウェアについての知識も重要となってきます。そして、これらの知識はウェブアプリケーション開発に関わるエンジニア全員が持っていなければ、アプリケーションのパフォーマンスやセキュリティの低下に繋がりかねません。
開発に入る前の環境に関する知識も重要です。ある程度の規模を持つウェブアプリケーションを開発するならIDE、統合開発環境とよばれる開発用のソフトウェアの導入と設定の知識も必要です。しかし、現実には新入社員に最低限のプログラム知識だけを研修で教え、あとはOJTと称して現場に押し付けたり、能力を詐称して参加する派遣社員などトラブルが絶えない状態です。

Leave a Reply