javaエンジニアの素養

javaは大規模なシステム開発やスマホアプリ開発に欠かせないフレームワークやライブラリが多数揃っており、現在最も使用されているプログラミング言語の一つと言えるでしょう。javaエンジニアが不足してしまうのは、javaの言語仕様を理解するだけではプログラムを作る上で必要十分ではないからと考えられます。
システム開発の現場においては、フレームワークの適切な使用方法を理解している必要があります。例えば、データベースとの接続において、コネクションの管理をプログラマが実装すべきなのかをフレームワークが実装してくれます。そのため、プログラマは意識する必要がないのかといった部分を知らなければいけないのです。フレームワークは便利なものですが、カバーしてくれる範囲を適切に理解しなくては使えないも同然であり、javaの敷居を上げてしまっている一因と言えるかもしれません。これは、スマホアプリ開発においても同様で、android向けのライブラリが多数あるものの、それらを適切に利用する必要があります。当然、これらは先に述べたフレームワークの使用方法とは、一切関連が無いものです。
javaエンジニアと一言で言っても作るものによって必要なスキルが全く異なり、携わるプロジェクト毎にエンジニアは技術情報を収集しながら作業を行う必要があるのです。javaエンジニアに向いている人は、こういった新しい技術を継続して吸収していくことにやりがいを見いだせる人と言えるかもしれませんね。参考になるサイト~Javaエンジニアを狙え!

Leave a Reply